ジュースクレンズ効果に疑問?本当に痩せられる方法大公開

コスト削減に直結!自営業者が注意すべき経費管理ワザ大公開

【少しの変化に気付ける経営者と気付けない経営者の差】

 

コスト削減に直結!自営業者が注意すべき経費管理ワザ大公開

 

 

 

 

 

自分なら、大丈夫「だろう」。
これくらいの売上の減少ならば大丈夫「だろう」。
このような考え方になる人は、過去に「たまたま」その売上減少から立ち直れたか、起業したての人、そんな印象を受けますね。

 

経営が上手くいっている企業の多くは、対策の速さです。
大企業、中小企業、個人業、関係なく対策と対応の速さが経営に直接的な影響を与えているのです。

 

・後手後手に回らない
・徐々な削減は従業員のストレスを減らす
・従業員数が多ければ多いほど「チリツモ」が良い

 

▽後回しに良い事無し!

 

ちょっと様子を見てからでも判断出来る。
確かに、冷静ともいえる姿勢ですね。
ですが、その猶予はどれほどの期間を想定しているのでしょう?

 

こまめに業績の上がり下がりをチェックして社内の誰よりも関心を持って改善する期間に集中する経営者はどのくらいいるのでしょう。

 

上手くいかないと嘆く経営者の人に見られがちな事が、急な削減と急な改善案です。
従業員側からすればまさに寝耳に水であり、その時点で経営者に多少の不信感が生まれるでしょう。

 

では、そうならない為には?

 

▽徐々に従業員側に受け入れてもらえるペースが好ましい!

 

経営者としては、経営が傾けば従業員達も困るのだから受け入れなさい。と考えていませんか?

 

そもそも、従業員達がいるから業績が伸び、経営者は次の新たな事業なり、自分の年収にも反映されていく訳ですから、立場的に上だとしても、1人では成り立たない事なのです。

 

少し業績がおかしいと思った時に、少しの削減をする。
例えば、社内の備品関係を改めて見直す、稼働時間の少ないセクションは稼働する頻度を減らし、そのセクションの従業員達を稼働率が高いセクションに移動してもらうなどです。

 

個人業ならば、自分が変われば良いだけで済む点が多いですが、従業員数が多いほど1つの改善にも足並みを揃えるのは大変な事なのです。

 

▽チリツモ精神は、ケチとは違う!

 

塵も積もれば山となる。
経営において、それは「ケチ」とは違いちゃんとした経営方針だと考えます。

 

無駄なコストをそのままにしておく事で誰が得をするでしょう。
削減をする事が、マイナスなイメージになっているのは人件費削減くらいではないでしょうか。

 

ペーパーレスに注目したり、今の時代の流れにそった削減は多数ありますので、従業員達のモチベーションを下げる削減ではなく、効率と不信感を持たれない削減と改善をしてみてください。
おのずと、結果が表れると思います。