ジュースクレンズ効果に疑問?本当に痩せられる方法大公開

業務代行で売り上げ増?経費削減と業務改善の秘訣大公開

【業務代行と経費の管理をする経営者が必要とされている!】
業務代行で売り上げ増?経費削減と業務改善の秘訣大公開

 

 

 

皆さんも、いまだに使用する時ありませんか?
「私の会社は、ブラック企業だからさ~」
など、ブラック企業という言葉が流行語大賞を取ったのが2013年も前なのに今も使われるわけは、一体どうしてなのでしょうか。

 

・代行には、オプションの追加と削減が出来る
・繁盛期のみ利用する事も出来る
・高度な専門知識を持つ代行サービスは、自分にも利点がある

 

▽代行サービスを上手く利用する事とは?

 

ブラック企業と称される代表的な理由としては、長時間労働が浮かびませんか?

 

何故、長時間労働をする事になるのか。
例えば、長時間労働をしても賃金が見合っていれば、ブラック企業などと自社を批判する事は、少ないでしょう。
見合っていないから、不満が出て従業員達のストレスが蓄積されていくのです。

 

経営者の皆さんは、従業員達の仕事に対価を支払っていますか?
雇用して、生活の安定をして「やってる」と考えていませんか?

 

従業員達のストレス過多は、業務の不安定化を招きますし、事故も最悪の場合起こり得る事なのです。
ならば、どうするか?

 

過酷な労働セクションに代行サービスの導入を数時間取り入れるだけでも従業員達の長時間労働が減ります。

 

代行サービスには、自社に合うようなプランの作成が可能ですし、経費として考えて大丈夫なラインまで利用すれば良いだけの事です。
無理をしてまで代行サービスを導入しては元も子もないですからね。

 

▽繁盛期のみの利用が効率的となる

 

繁盛期がある企業ならば、その繁盛期に突入した時点での代行サービスの利用が好ましいですね。
短期間のアルバイトを募集して、すぐに集まれば良いですが、アルバイトの場合は雇用期間も明確にしなければなりませんし、前年度の予想を下回ってしまう程度の売上見込みの場合、結果としてはマイナスになります。

 

ならば、自社の様子を見ながら代行サービスを取り入れる事で、人件費の圧迫を避ける事が可能です。

 

▽苦手とする分野を代行してもらう!

 

IT関連の管理が苦手とする場合、個人情報の漏洩やITシステムが弱く、自社の安全面に不安がある場合、高度な専門知識がある人物を自社に呼ぶという事も良いでしょう。

 

代行サービスから学び、後々自社の知識として得るという事も短期間で出来るのです。
無駄を削減したいと考えるのは当然ですが、自社のイメージを落としかねない無理な稼働は、今は良くても近い将来どうなるか。
想像する事が出来ますね。
自社をブラック企業というマイナスイメージにするのでは無く、従業員達から慕われる経営者になる事をお勧めします。