ジュースクレンズ効果に疑問?本当に痩せられる方法大公開

営業先でもFAX可!売上増に繋がるFAXアプリのメリット大公開!

【営業先でもFAX可!売上増に繋がるFAXアプリのメリット大公開!】

 

経営者の皆さんは、実際の営業担当者が時間をどのように使用しているか把握していますか?
取引先へのコンスタントな顔出し、新規顧客管理、自社の売り込みと時間の割り振りによって自社の売上を左右する重要な役割を担っています。

 

そこで、営業担当者が効率良く稼働出来るようなアプリを経営者が導入する事が必須になってきますね。

 

・是非、営業担当者に持たせたいアプリ
・出先での効率化が重要
・fax受注は、インターネット上がベスト!

 

▽営業担当者には、別枠として利用してもらう

 

営業担当の場合、外出が多くある意味自社の顔とも言えるでしょう。
つまり、取引先へも定期的に挨拶回りをしたり意外とやる事が様々です。

 

そこで、営業担当者にだけでも持たせたいアプリがこちらになります。

 

・STREAMED

 

スマートフォンにインストール出来る読み込みアプリです。
営業担当の場合、出先での打ち合わせ等の経費としては社内で業務する内容とは異なる経費事情があるので、領収書も多くなります。

 

このアプリは、領収書をカメラで読み込みクラウド上にデータベース化されるので、そのまま経理事務担当者に送信する事で、月末に1から経費の計算をする事がだいぶ軽減されるでしょう。

 

経理事務担当の負担と営業担当の領収書管理の手間が一気に解消出来るかと思います。

 

▽出先での無駄を削減して効率化を!

 

営業担当者は、1度外出したらもう自社には戻らず稼働出来る方が当然ながら効率的ですよね。
ですが、複合機(fax)がある場合、自社に戻り内容を確認し、取引先へのコンタクトを取るといったケースが多いのです。

 

これは、非効率的であり、営業担当者の負担としても大きな問題でしょう。
実際、自社に戻る時間を違う事に活用出来るならば、自社全体の稼働率も上がると考えた方が良いでしょう。

 

▽fax受注は、インターネットfaxがベスト!

 

上記で述べた通り、とにかく無駄な時間を削減する事が、自社の売上にも連結してくるのではないでしょうか。

 

営業担当者に出先で受注確認をしてもらう事で、そのまま対応に取り掛かる。
インターネットfaxの利点は、出先でもカフェやコンビニ等のWiFiとテザリングすればすぐに確認作業が可能という点です。

 

・efax

 

スマートフォンからもアクセスでき、幅広い利用率なので、取引先が混乱するという懸念材料も、ほぼほぼないでしょう。
トライアル期間があるので、自社に合う合わないを30日間のトライアル期間に検討してみてはいかがでしょうか。