ジュースクレンズ効果に疑問?本当に痩せられる方法大公開

業務改善に直結!新システム導入スピードと経営の関係とは

【中小企業に見られがちな新規アイテムを導入しない傾向!】
業務改善に直結!新システム導入スピードと経営の関係とは

 

 

 

 

大企業とは違い、一般的に中小企業と称される企業には、資金面からも経営面からも新しいシステム導入には慎重という一面が見られがちです。

 

当然、資金面を考慮したり導入して上手くいくのか慎重になるのは当たり前の心理だと思います。
しかし、人手不足や経営者本人も事業に直接携わっているのなら、検討するタイミングは早い方が良いでしょう。

 

・ペーパーレスは、コスト削減に最も良い手段
・従業員と経営者の感覚の差を改善する
・早々にインターネットfax等、時代の流れを読む

 

▽コスト削減に悩む場合、気付きにくいペーパーレス!

 

仕事をする上で、用紙は至る所で使用しているので、まさかその用紙を削減対象にするという判断は見落としがちです。

 

業務用の用紙類は、市販の用紙よりも安価で大量に仕入れるので、コスト削減対象にならないのも納得ですが、安価といえど、本当に必要でしょうか?

 

1番最後に考えるべき人件費削減をメインに考えたりしていませんか?

 

それはとてもナンセンスであり、従業員の意識を下げるどころか、離職者が出てくる、新たな従業員を雇用する事によって割かれる指導時間等、良い点はあまり見られません。

 

従業員の士気を下げる事の無い面からコスト削減をする。これは、重要な事です。

 

▽案外、ズレる経営者と従業員の「価値観」の差!

 

経営者は、備品関係も大切にして欲しい、これだけのコストがかかっているという現実的な価格を知っているだけに従業員にも期待してしまうでしょう。

 

ですが、従業員側からすれば明確な価格を知っている人間はどのくらいでしょう?
経営者としては、あまり従業員にコスト面を共有したくない気持ちもあるかもしれませんが、これこそ共有すべきテーマだと思いますね。

 

自分の会社なのだという意識付けは、細部まで浸透する事で各自が無駄な時間や行動を取らなくなります。
就業時間まで居れば良いなどといった、意識の低い従業員を育成するのではなく、経営者と同じような感覚まで率先して引き上げてあげる。

 

これが中小企業には強みとなるように思います。

 

▽インターネット環境に対応する能力

 

すでに、インターネットが生活の1部になっていますので、従業員達に1から指導しなくても、ある程度の説明だけで対応する能力があると思います。
ペーパーレスに伴い、どうすれば良いかと検討する経営者の人はインターネットfaxから導入してみるのはいかがでしょうか。

 

コスト削減に加えて、更に進化するであろうインターネット環境に慣れておくことは、社内全体のスキルアップになると考えてみましょう。