ジュースクレンズ効果に疑問?本当に痩せられる方法大公開

ビジネスアプリで業務改善!経費削減時短に直結するOCR活用術

【ビジネスアプリで業務改善!経費削減時短に直結するOCR活用術】

 

「経費削減」このテーマは経営をする上で必要不可欠なテーマであり、現代の情勢から更に必要となっているものです。
では、どのように進めていくか?

 

・データ化するにはどれだけの時間がかかるかを見直す
・人材確保と効率化の2つの関係を理解する
・削減対象の改善

 

▽データ化にかかる時間とは?

 

例えば、取引先から画像が送られ内容を文字データとして入力する「データ入力」。
これは、よく求人情報で見かける職種ですね。
企業にとって、この業務は必要不可欠なところですので、見直す事があまりない部門だと思います。
ですが、意外と時間を要するという点があります。
タイピング技術と読み取る能力、文字起こしといった観点からデータ入力をするには雇用した人材のスキルが重要になってきます。

 

良い人材確保は、業務の効率化に繋がる訳ですが良い人材は当然それに見合う給与が必要でしょう。
1人で複数人分の業務をこなす人もいれば、倍以上の時間を要する人、雇用してみなければわからない事もあると思います。

 

そんなデータ入力の補助として、アプリを加える事で時間短縮、つまり効率化が更に進む事をご存知でしょうか?
データ入力にかかる時間の短縮により、更なる効率化が期待出来るのです。

 

▽人材確保と効率化は、経営者次第!

 

OCRの導入によって、人材の確保後スムーズな業務展開が可能になります。

 

まず、主な画像データをOCRによりデータ化し、細かな部分をデータ入力担当に任せる。
これは、時間短縮及び効率化に繋がるでしょう。

 

・smart
このアプリは、クラウドや様々なデータベースに対応しており、画像データのテキスト部を認識し文字に変換します。

 

こういったアプリの最大の利点は、業務を細かく分類し、必要な箇所に人材を置けるところなのです。
データ各種をファイルとしてフォルダ化するところまでをアプリで。
その補助として人材を配置しても良いでしょう。

 

▽削減対象の改善は早急にする!

 

先程あげたアプリのように、効率化のサポートをしてくれるインターネット関連のアプリが多数存在しています。
人材を削るのでは無く、如何に効率的に人材を配置し、業務時間を一定にするか。

 

これが今求められている削減方法なのではないでしょうか?
人の手で行う事を減らし、インターネットに任せる部分は任せる。
このような割り切った采配が今必要だと考えます。
多少の経費がかかっても、人材の削減等と安直な経営では無く次に繋がる継続的な改善がベストなのではないでしょうか。