ジュースクレンズ効果に疑問?本当に痩せられる方法大公開

ビジネスアプリで業務改善!it化可能な業務はFAXとリモートワーク?

【ビジネスアプリで業務改善!it化可能な業務はFAXとリモートワーク!】

 

特に、社員が少ない、経費の振り幅の確保が難しく社員1人1人にノートパソコン等の支給が困難な場合でも大丈夫な「スマートフォン」対応のIT化実現可能なアプリを数種取り上げてみます。

 

IT化は、社内に留まらず社外でも利用出来るシステムなので、まず社員全員が利用可能なアプリを導入してみるのはいかがでしょうか。

 

・スマートフォンと連携する事で無駄な作業工減を。
・リモートワークの活用で人件費も削減
・簡単な事務業務は、アプリを通じて改善する

 

▽スマートフォンでも可能な作業は、取り入れる事。

 

ノートパソコンの支給、もしくは設置には初期費用を含め、数台でも結構な経費となるでしょう。
また、使用する毎に個人パスワードを入力し個別化をする手間を考えるならばスマートフォンと連携可能なアプリを社員が利用する事で、円滑に業務が行える場合も多々あると思います。

 

・iphytter fax(iPhone、PCで使用可能)

 

データファイル形式の多様性が高く、相手方に合わせた柔軟な対応が出来るアプリとなります。
スマートフォンの場合iPhoneのみになってしまいますが、データファイルの形式を相手に合わせ送受信可能というメリットは大きいのではないでしょうか。

 

 

▽リモートワークで、人件費の見直しを。

 

見積り、請求書、納品書作成が簡単な使い方で出来るアプリがこちらになります。

 

・Misoca
すべての機能を1年間0円で利用可能なアプリ。

 

実際、事務業務を委託出来るならば、人件費削減を見込めると思いませんか?
ベース作業をリモートワークとして委託し、最終的な確認作業のみを自社で行う事で社員の負担軽減と共に残業時間の削減も期待出来ますね。
つまり、社員の負担と人件費改善が見込めると思います。

 

▽簡単な事務業務も、インターネット上で完結する事。

 

インターネット環境さえあれば可能な業務は、多数存在するのです。
事務業務に含まれるであろうfaxの送受信すらインターネット上で完結出来るのです。

 

データ化して、取引先並びに共有したい人物にリアルタイムで送受信出来る事がいかに効率的か、そして無駄の削減に繋がるか。
今、必要不可欠なのは「無駄の削減」だと思います。
無駄を削減する事が、経費削減に繋がり、業務改善に繋がる事でしょう。
見直しをどこから始めるべきかと悩んでいる場合、まずはインターネット上で利用出来るアプリの活用をおすすめします。