ジュースクレンズ効果に疑問?本当に痩せられる方法大公開

複合機は耐用年数●年!リースよりお得なFAXコピーの裏技は?!

【複合機は耐用年数●年!リースよりお得なFAXコピーの裏技は?!】

 

経営者の皆さんは、必ず複合機を導入しなければならないという固定概念をお持ちではありませんか?

 

実際のところ、インターネット環境が整っている現代では、そのような固定概念はあまり必要ないかと思いますね。

 

・リース、購入どちらもコスト面で負担が大きい場合がある
・耐用年数を知るべき
・以外と年間で割高のケースがある

 

▽リース、購入どちらもコスト面に不安が!

 

これは、複合機を販売するメーカー基準として一般的なものなのですが、契約する際に「保守契約」というシステムが一緒に付いてきます。

 

突然の故障等の不具合に対応する事が第1にあり、保守契約を結んでいない場合故障時に結構な額がかかるので、リース側がランニングコストをかけて急な出費を抑えるという仕組みです。

 

突然の故障等の為の「保険」と考えて良いでしょう。
しかし、複合機の設置場所によっては故障しやすい、場所を取る等、使用する際に気をつけなければ結局数ヶ月前後で不具合が出てしまう問題も。

 

故障の際に当日に修理が完了するとは限りません。部品を取り寄せ、修理が必要な場合は数日かかってしまいます。
その間の業務は、どうなるかは想像できると思います。

 

業務が一旦停止状態になってしまったら?
そう考えると複合機よりも安定した状態を保てるインターネットfaxを利用する事でトータル的なコスト面が軽減されるのではないでしょうか。

 

▽耐用年数はどのくらい?

 

通常の複合機の耐用年数は4~5年と言われています。
もしくは、総コピー数が300万枚程度。
つまり、総コピー数が300万枚に到達するのが3年ならばだいたい複合機の寿命と考えて良いでしょう。
メーカー側が製造する際に基準とするのが上記の目安なのですが、安価を売りにしているメーカーによってはもっと耐用年数は短い可能性もあります。
主な業務内容が複合機経由で行うならば別ですが、毎月の利用頻度が何百枚程度ならば無理に複合機を導入しなくともインターネットfaxで事足りるのです。

 

まず、インターネットfaxはインターネット環境さえあれば送受信が出来ますし、コピー用紙の補充、補填の必要がありません。

 

▽経費の圧迫を抑える方法としてインターネットfaxを。

 

複合機のリース料、定期的なランニングコスト面を考えると基本料+ランニングコスト代ですから経費を抑えたいならば、コピー用紙不要なインターネットfaxの移行をおすすめします。
インターネットfax上で複合機と同じ業務が可能ですので、経費でお悩みの場合はすぐに移行を検討するべきだと思いますね。