ジュースクレンズ効果に疑問?本当に痩せられる方法大公開

インターネットfaxデメリット/要注意!●●環境では使用不可

インターネットfaxデメリット/要注意!●●環境では使用不可 3件目
キーワード:インターネット fax デメリット

 

複合機を設置しなくてもFAX送受信ができるなど、メリットの多いインターネットFAXですが、デメリットも多くあります。
インターネットFAXを使用する際のデメリットや注意点を紹介します。

 

◆インターネットFAXのメリット
インターネットFAXのメリットは、複合機を設置しなくてもよく、パソコンやスマホから送受信ができることが最大のメリットです。複合機を設置しないので、設置費用がかからないだけでなく、インクやトナー、用紙を準備する必要がないので経済的です。
経費削減のメリットだけでなく、受信をメールで知らせてくれるほか、受信したFAXにデータ上で書き込んで送信することもできるため、効率が良いのです。

 

◆インターネットFAXのデメリット
非常にメリットの多いインターネットFAXですが、デメリットも多いのです。

 

◆紙のFAXにはスキャンをしてPDF化する必要がある
まだまだ紙のFAXも大活躍する時代です。紙で送られてきたFAXには記入したものを一度スキャナーで読み込み、PDF化したものを送るという手間がかかります。

 

◆使用頻度によっては割高になる
月額利用料がかかるインターネットFAXでは、月に数回しかFAXを使わない場合には、割高になります。

 

◆受信料金がかかる場合がある
サービスによっては、受信料金がかかるものもあります。メッセージプラスなら無料ですが、eFAXは月に150枚まで無料で以降1枚10円、など業者によって異なりますので、良く調べてから契約しましょう。

 

◆送信できない番号がある
一部のデジタル回線を使ったFAXなどへは送信できない場合がありますので、確認が必要です。

 

◆FAX番号が選べない場合がある
FAX番号の市外局番が限定されるということがあります。多くは050で始まるもので、東京03や大阪06であれば選ぶことができますが、地方都市では該当となる市外局番が選べない場合が多く、会社の信用度の面で不利になるのではないか、という懸念もあります。

 

◆インターネットFAX業者3選
・eFAX:月額1500円で送受信が150枚まで無料
・MVFAX:基本料金980円。通信時間に関係無く、受信は1,000枚まで無料。送信料金は全国一律、1枚8円
・メッセージプラス:月額950円で受信料無料。年払いプランなら月額換算792円で12ヶ月使える。メッセージプラス同士なら送信料が0円。

 

◆まとめ
インターネットfaxにはメリットばかりのように思いますが、デメリットも多くあります。
・紙のfaxはスキャンしてPDF化する必要がある
・使用頻度によっては割高になる
・受信料金がかかる場合がある
・送信できない番号がある
・fax番号が選べない場合がある