ジュースクレンズ効果に疑問?本当に痩せられる方法大公開

働き方改革にOCR?it活用が業務改善、残業減に効果的な理由

【働き方改革にOCR?it活用が業務改善、残業減に効果的な理由】

 

企業が積極的にITを用いて、業務改善、社員に過度なオーバーワークを課さない為に残業時間の見直しをしている中、まだ導入していない企業があるのもよく耳にします。

 

何故導入しないのか。
恐らく、現状維持の姿勢から社内全体に新たなシステム導入という姿勢に切り換えるタイミングがわからないからなのではないでしょうか?

 

・OCRでペーパーレス化を徹底する
・効率的な管理体制を整え、経費削減を
・複合機からIT化へ

 

▽OCRの導入で社内全体をペーパーレス化する!

 

まず、OCRとは紙から文字起こしをスキャンしてデータ化するという仕組みですが、今は精度が向上し続けており、誤変換も少なくなり業務を効率的に進めていくには大変利便性の高いものだと言えるでしょう。

 

また、OCRにより自社が抱えていた様々な専用用紙を確保しなくても良くなりますので、経費削減対象としても有効なのです。

 

これを機に、社内のペーパーレス化を進めていく事で効率的且つ経費削減にも繋がるのではないでしょうか?
複合機もその一環として見直し対象として検討し更なる経費削減を行う事でペーパーレス化がスムーズに進められるかと思います。

 

▽データ管理、共有をインターネットで!

 

OCRと共に、社内のデータ管理をインターネット上で共有する事で在宅ワークやリモートワークに移行も可能になり、大幅な業務改善が見込まれます。

 

・セキュア SAMBA Pro

 

こちらは在宅ワークの雇用形態を取る企業、もしくはアルバイトが多い企業向けソフトになっており、ファイル管理から細かなデータ整理が可能ですので、少人数体制の企業でも利用しやすくセキュリティ管理においても安全性が高いソフトと言えるでしょう。

 

やはり、経費削減を行うにあたり必要なのは「時間」の有効活用でしょう。
つまり、社内全体の稼働時間の短縮、社員の個人的稼働時間の短縮です。

 

▽複合機からIT化へ!

 

先程も提案したように、経費節減においてペーパーレス化と業務改善に共通して複合機からIT化がすぐに導入出来る見直し対象として有効かと思いますね。

 

複合機も多数の機能が備わっていますがそこに連動して社員の行動に無駄が生じる場合も多々あるのです。
社内のデータ管理をインターネット上で行う事に抵抗があるならばセキュリティ管理ソフトを備える。

 

・Direct Cloud-box

 

月額30000円から主にクラウド管理にはなりますがセキュリティ面の強化に特化しており、社内のデータベースの安全を確保出来ます。

 

いかに速くIT化へと移行するかによって従来かかっていた経費の軽減も早急に行う事が出来ると思いますので、社内全体の負荷を見直すタイミングではないでしょうか。