ジュースクレンズ効果に疑問?本当に痩せられる方法大公開

地方起業で助成多!?確認必須の女性起業家サポート大公開

【地方のサポートで起業するメリットと女性起業家サポートをする地方も!】
地方起業で助成多!?確認必須の女性起業家サポート大公開

 

 

 

起業をする経営者と、地方を活性化させたいお互いの目標が一致した地方ならではのサポートを利用するメリットを数点、提示してみます。

 

・国、金融機関+地方自治体の融資
・地方創生に前向きな自治体を選ぶ
・その土地に合ったノウハウを指導してくれる

 

▽起業するには、様々な情報を収集してから!

 

起業をすると一言で言っても、失敗したらどうしよう…やりたい仕事なのに一歩踏み出すにはリスクが高いのではないか…
そんなモヤモヤした時間を過ごしていませんか?

 

ノーリスクで夢を叶える事はほぼほぼ無理な話です。
安定を望むなら、雇用される側で良いと思います。
しかし、やりたい仕事を自分の会社として起業したいならば、地方への移住をお勧めします。

 

資金面のサポートが都内とは違い、地方自治体も加わる事により、最初から莫大なマイナスからスタートという事は避けられると思います。

 

▽地方の自治体は「地方創生」へ前向きである。

 

何故、地方自治体が自らの地方への移住起業者に支援するのか。
勿論、無償というわけではありません。
しかし、金利が高くとも1.4%程度で、返済期間も申し出の際に色々提示してくれます。

 

起業家のサポートをする事で、良い点が地方自治体もあるからサポートに前向きなのです。
過疎化が進む中、新たな企業を招き雇用を安定させたい、移住起業家が成功する事で活性化するという利点が高く、大変前向きなのです。

 

女性起業家への別枠として、埼玉県には「女性、若者経営者支援金」という制度もあるので、地方によってサポート体制には違いがありますので、自分はどんなサポート体制を受けたいか。
そのリサーチが必須になるでしょう。

 

▽新天地での不安もケアしてくれる!

 

新しい土地は、人柄や求めている事を把握する事が難しく、起業するにあたって不安もあるかと思います。

 

自治体によって、土地柄や起業するにあたってのノウハウを指導してくれるサポートもありますので、1人で新たな土地で四苦八苦するという難点も、ある程度改善してくれるはずです。

 

県ごとに、サポートは違えど起業者を支援するという姿勢は共通しています。
都内で起業する事も、勿論良いでしょう。

 

ですが、今はインターネットの普及により場所を選ばずに起業する事が可能になっています。
直接、顧客と会わなければ成り立たない事業以外ならば、地方でも問題なくインターネットを通じて営業出来るでしょう。