ジュースクレンズ効果に疑問?本当に痩せられる方法大公開

地方起業は自営業にメリット多?知って得する開業注意点とは

【地方における起業と注意すべき点とは?】
地方起業は自営業にメリット多?知って得する開業注意点とは

 

地方での起業は、自治体のサポートもあり、都内で起業するよりは手厚いサポートの中で起業する事も可能です。

 

しかし地方といっても、サポート体制には違いがありますので、新たな起業者へ特に前向きな地方を選択する事も成功への第1歩と言えるでしょう。

 

・地方別に起業家として成功している確率も参考にする
・地方が抱える地場産業の衰退に歯止めをかけよう
・都内に疲れた、IT企業出身者は地方起業がおすすめ

 

▽自治体のサポートによっては失敗する事も!

 

国の支援と地方独自の支援には、多少の差があります。
国の支援の場合は一律ですが自治体には、その県ごとの支援の形が違うので下調べが重要となります。

 

起業家が比較的多い県は、やはりサポート面にも安定感があるといった印象ですね。
例として、埼玉県、次いで千葉県、神奈川県、福岡県が起業家が多いようです。

 

確かに、サポート体制を見てみると、融資額に対しての金利が低い、女性と若者起業家には別途支援金の枠があったりと、起業者にとっては好条件かもしれませんね。

 

しかし、支援金だけをリサーチするのでは無く何年間の返済猶予があり、金利の変動が無いか。
これが最も注意すべき点です。
起業したはいいけど、軌道にのせるまでにどの程度の期間が必要かは、蓋を開けてみなければわかりませんよね。
その点を考慮した上で、移住先を選択しましょう。

 

▽どんどん加速化する地場産業の衰退をあなたの手で!

 

少子化問題と若者が都心に移住する傾向はまだまだ変わりがありません。
地方としては、出来るだけ衰退する状況を打破する対策方法を色々取り入れている事も確かです。

 

あなたの出身地でも良いでしょう。
Uターン組として、衰退する地場産業の活性化をするのも起業する理由としては十分なのではないかと思います。

 

▽地方は、IT企業出身者にとって向いている!

 

企業に属し、ストレスを抱えながら「このままで良いのだろうか。」と心身共に疲れた人は、地方でスキルを発揮するのも良いのではないかと思います。
IT企業で培ったノウハウは、場所を問わず活かすことが出来るでしょう。

 

インターネット環境さえ確保していれば、スキルを無駄にする事無く、自分の望む自分の会社を作る事が可能ですよね。

 

起業をするというのは簡単な事ではありませんが、1番場所を選ばないであろうIT企業に挑戦するならば、地方での開業も視野に入れるべきだと考えます。

 

インターネット環境が充実した今の時代だからこそ挑戦するチャンスかもしれませんね。