ジュースクレンズ効果に疑問?本当に痩せられる方法大公開

複合機にデメリット?話題のインターネットfax圧倒的強みは

【実際のところインターネットfaxの良さは?】
複合機にデメリット?話題のインターネットfax圧倒的強みは

 

既存の複合機(faxやプリンターが1台の機器に収まった物)を利用している場合、インターネットfaxの方に不便さを感じたり、実際の使用感がわからない等の理由から導入に後ろ向きな考えになるのも当然の事ですよね。

 

・進化するがゆえに、かかるコスト
・顧客からの「すぐに返答が欲しい」に対応出来る
・従業員達の無駄を削減出来る

 

▽複合機の進化と共にかさむコスト

 

数年前には考えられなかったような画質と速さと画素数が求められている「複合機」ですので、それに伴いインクの高騰やメンテナンスもこまめに行わなければならず、複合機を製造しているメーカーは、困難な状況かと思いますね。

 

そして、リアルタイムで起こっている情勢からもわかるように、在宅ワークに対応出来ない、出社しなければならない、当面の在宅勤務を取り入れる事が出来ないといったケースもあるので、やはり複合機はその場に居なければならないというデメリットが目立ってしまいました。

 

▽顧客からの急な返答にも対応出来る

 

取引先も、時間が限られた中で業務を行っていますし、あなたの時間も大変貴重なものですよね。

 

固定給だから別に良いというような意識の低い姿勢は、後々自分に不利益となりますので時間の大切さを取引先と共有出来るような対応の速さを心掛けたいものですよね。

 

インターネットfaxの場合、場所を問わず返答出来る事が最大の利点です。

 

イメージしてみてください。
「あの人に頼んでも、返答が遅いから別の人にしよう…」
という印象を持たれたら、良い仕事も舞い込んで来ないと思いませんか?

 

1度持たれた印象は、なかなか改善するのは難しく、ルーズな印象を与えかねません。
会社全体がそのような対応をすると考えたら2度と取引先として選びたくないですね。

 

▽従業員達の二度手間を削減する

 

何度も自分宛に送られたfaxを確認するために帰社する過程は、効率的とは言えませんね。

 

インターネットfaxの場合、自宅でも対応出来るので、直帰したとしても不便さが無く、勤務時間の削減も可能です。

 

そして、私個人として思う事ですが聴覚障害をお持ちの方にもインターネットfaxならばすぐに対応出来るのです。

 

企業として、従業員全員が不便の無いシステム導入は経営者の力量が試される気がします。
今起こっている情勢を考慮した上で、インターネットfaxの導入を検討してみる事は、無駄にならないのではないでしょうか。